在宅医療・介護連携支援センター

文字の大きさ 中 大

ホーム  >  センター概要

センター概要

在宅医療・介護連携支援センターの設立について

日本では急速な高齢化に対して、高齢者が住み慣れた地域で医療、介護、生活支援などを包括的に受けられる「地域包括ケアシステム」の構築を進めております。
名古屋市においても、市民の約4人に1人(平成27年6月末現在)は65歳以上の高齢者となり、今後更なる高齢化が見込まれていることから、医療と介護をつなぐ架け橋として、『在宅医療・介護連携支援センター』を設立することとなりました。
当センターでは、市民の皆様への在宅療養に関する不安やお悩みへの相談窓口の運営をはじめ、お住まいの区の医療資源情報の提供、在宅医療・介護に関する各種講演会の開催等、在宅療養環境のサポートを行ってまいりますので、是非ご利用いただきますようよろしくお願い申し上げます。

pic

在宅医療・介護連携支援センターの主な役割

在宅療養に関する相談窓口

在宅療養を始めたい場合や、自宅での療養生活などに関する各種相談について、専門知識を有する相談員が対応します。

地域の医療・介護資源の把握

地域ごとの医療・介護資源(医療機関や訪問看護ステーション等)の情報を収集し、提供いたします。

地域住民への普及啓発

講演会を開催し、市民の皆様に在宅医療・介護に関する情報の普及啓発を図ります。

医療・介護関係者への研修

医師や看護師、ケアマネジャーや介護事業者等の多職種向けの研修会を開催し、医療と介護の顔の見える関係づくりを進めます。

切れ目のない在宅医療・介護連携体制の構築支援

退院時の連絡・調整支援

情報共有ツールの活用支援・普及促進

後方支援病院等との連絡・調整支援

上記役割を支える主な仕組み

在宅療養への移行サポート
(在宅アセスメントシステム)

通院治療が困難になり、在宅医療を始める場合や、入院治療から在宅療養へ移行する場合に、かかりつけ医からの相談に基づき、在宅療養に向けた検査を実施し、在宅療養への移行をサポートします。

在宅療養者情報のスムーズな共有
(情報共有システム)

情報共有ツールの活用により、医療や介護の多職種間で在宅療養者の情報を共有し、安心できる在宅療養をサポートします。

※事前申し込みが必要となります。

夜間・休日相談窓口によるサポート
(コンタクトセンターの運営)

在宅療養に関する夜間・休日の相談窓口の運営を行います。在宅医療・介護連携支援センター閉館時の夜間・休日に不安やお悩みの場合には、コンタクトセンターにて対応いたします。

※事前申し込みが必要となります。

多職種間の連携サポート
(相互サポートシステム)

切れ目のない在宅医療を提供できるよう、医療や介護の多職種間の相互連携・情報共有を強化し、急変時にも対応できる在宅療養サポート体制を構築します。