在宅医療・介護連携支援センター

文字の大きさ 中 大

ホーム  >  各区支援センターからのお知らせ一覧  >  各区支援センターからのお知らせ詳細

お知らせ詳細

2018.03.06[昭和区](3/1・木)在宅医療・介護講演会を開催しました

昭和区

平成30年3月1日(木)14時より、昭和区役所 2階講堂にて、「平成29年度 昭和区民向け 在宅医療・介護講演会」を開催いたしました。

約250名の方にご来場いただき、第1部においては、昭和区役所 区民福祉課 中村主査が登壇し、昭和区地域包括ケア推進会議より“住民への報告・お知らせ”として、住民アンケートの結果報告を行いました。

第2部では、“在宅療養の「何かあったらどうしよう」にお答えします“をテーマに、昭和区医師会 小林医院 院長 小林昌玄先生からご講演をいただきました。
医療と介護の専門家(ケアマネジャー、訪問看護師、訪問介護員)より、それぞれの職種についてご説明いただき、その後、「まずはどうしたらいいの?」、「夜間・休日に体調が悪くなったら、対応してくれるの?」、「費用はどれくらいかかるの?」など事前調査・当日会場よりあがった在宅医療・介護にまつわる計8つの質問に、Q&A式でお答えいただきました。

また、名古屋市や名古屋市医師会が発行している無料冊子を資料としてお配りし「○○の場合は、この冊子の△ページに書いてあるこの電話番号へ、まずは電話しましょう。相談にのってくれます」など、冊子を使いながら専門家より具体的にご説明いただきました。
さらに、急遽座長の指名により、歯科医師会・薬剤師会の先生方から、在宅歯科医療や薬剤師の在宅訪問などに関するお話を伺うこともできました。

開催後のアンケートでは、「安心して老後が迎えられます」、「今後不明なことが出てきたら、頂いた冊子を利用したい」、「親の介護をしています。本日の話を聞き、安心して家で介護が出来ると安心しました」などの貴重な感想をいただくことができ、今後も一人でも多くの皆さまへ在宅医療・介護連携に関する情報を発信できるよう、来年度も各種講演会等を開催して参りますので、是非ご参加賜わりますようお願いいたします。

ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。