在宅医療・介護連携支援センター

文字の大きさ 中 大

ホーム  >   医療・介護関係者の皆さま

市民の皆さま

はち丸在宅支援センターでは

在宅療養に関する相談に応じています

自宅で療養している、病院から退院してこれから自宅で療養予定である、 また、自宅で療養しているが医療が必要と思われる方々について、多職種の皆さまからのご相談に応じています。 ご相談内容に応じて、医療機関等に関する情報提供や、多職種で在宅療養者をサポートできるよう連携の調整等を行います。

在宅療養を支える多職種向け研修会を行っています

医療と介護の多職種間の連携を推進し、多職種がチームとなって在宅療養者をサポートできるよう各種研修会を行っています。名古屋市における多職種連携のガイドラインである「なごや在宅医療・介護連携ハンドブック」や、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)に関する研修会等、在宅療養者をサポートするための多職種連携の促進を目指した研修会を行っています。

在宅療養を支える多職種の連携をサポートしています

情報共有システム「はち丸ネットワーク」により、多職種間の連携を推進しています。
「在宅療養あんしんサポートシステム」による、在宅療養者を診療する医師をバックアップしています。

在宅療養をサポートする仕組み

在宅療養あんしんサポートシステム

在宅医療バックアップ

※1 事前登録制となっています

※2 ご本人・ご家族が在宅での看取りを希望されており、急変時に緊急搬送や延命措置を行わないことを了承されていることが前提です

はち丸ネットワーク

在宅療養あんしん情報ネットワーク

質の高い在宅サービスを提供できるよう、関係者間の円滑な情報共有を可能にします

在宅療養あんしんダイヤル

平日夜間・休日の在宅療養に関する連絡を受け、情報整理した上で、関係機関に連絡をします
※ 事前登録制となっています

はち丸住宅支援センターの活動を機関紙「はち丸っと」にて発信しています

機関紙「はち丸っと」のダウンロードはこちら >